地域包括支援センター

地域包括支援センターとは?

「地域包括支援センター」とは、高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、介護保険やその他のサービスを効果的に利用するための様々な支援をするところです。
保健師等・社会福祉士・主任ケアマネジャーなどのスタッフを配置し、各種相談や介護予防などに応じます。

業務内容

  • 生活相談・支援

    高齢者やその家族の、生活全般に関わる様々な相談を受け、必要なサービス提供につなげます。また虐待の防止や成年後見制度の案内普及に努めます。

  • ケアマネジャー支援

    区役所や地域の関係機関との連携・協力体制を進めます。 また、ケアマネジャーの抱える問題に一緒に取り組むなど、ケアマネジャー支援を行います。

  • 介護予防支援

    介護予防に関する情報提供や生活機能の維持・向上が必要な方の介護予防プログラム、要支援1・2の方の介護予防サービスのケアプランを作成します。

  • 介護保険全般の相談・申請手続き代行

    介護保険制度のについての相談・説明、代行申請を行います。ケアプラザまでお越しになれない方はご自宅へ訪問します。